歌ってみるのもいい

英語の歌を海外アーチストのように真似て歌ってみるとイントネーションや発音の練習になるかと思います。
その歌詞を会話にすると変なことになるかと思いますが、省略の仕方やイントネーションは確実にマスターできるかと思います。
またチャンツといって、日常で使う英語をリズムに乗せて繰り返す、英語の言葉遊びのようなことも英会話の学習の中に取り入れてみるのもいいかと思います
日本に住んでいても英語は身近に溢れていると思います。
どんなものでも教材になるかと思います。
形式を勉強するのもとても大切ですが、そればかりにこだわっているといつまで経っても「出来ないからしゃべれない」というような状態になってしまうかと思います。
だれも日本人に完璧な英語は望んでいないと思うので、自分の感覚で話せたらいいかと思います。
そして通訳になったり、翻訳家になったりと、日常会話以上のことを勉強していったらいいかと思います。
英語が出来ない人間からすると、帰国子女や留学経験者に通訳になったらいいのにと気軽考えてしまいがちですが、通訳や翻訳というような仕事はまた別に大変な勉強をしなければならないそうです。
日常使いの英語ではプロにはなれないと言われています。
大人から英語にハマって、英語のプロになる人もいるかと思います。
プロになるにはどれだけ好きになって、時間をかけられるかということが大切になるのではないでしょうか。
英会話の勉強をしている人は海外アーチストの歌をカラオケで歌ったりするということも多いそうです。
英語が好きというよりも、英語に触れる時間を楽しくするというのもいいかと思います。
英語の独特の強弱のリズムとイントネーションを歌で覚えるのはとても楽しそうでいいかと思います。

英会話を楽しむなら、都心のひとつである銀座の英会話教室もよいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です