日本にいて英語に触れる

英語学習を行うとき、例えば「洋画を字幕なしで見たい」「外国に行って英会話を楽しみたい」などの理由があると思います。しかし、洋画を観るときや外国に行くとき以外の、日常生活や仕事などの場面では、英語を使う機会が全くないという人も多いでしょう。普段から英語に触れるためには、意識的に英語を日常に取り入れる必要があります。では、どのように英語に触れるきっかけを作れば良いのでしょうか。

手っ取り早く生きた英語に慣れるためには、外国人の知り合いを作るという方法があります。日本人を相手にするよりも「英語を話さなくてはいけない」という緊張感があり、異文化コミュニケーションにもなるでしょう。外国人の知り合いを作る方法のひとつとして、「英会話教室に行く」という方法があります。英会話教室は、外国人の講師も多く、教室によっては日本語を使うことを禁止しているという場合もあるそうです。最近では、自宅にいながら英会話を行える「オンライン英会話」もあります。仕事終わりなど時間を問わず利用ができますし、英会話教室よりも安く設定されていることも多いでしょう。他に、SNSを利用するという方法があります。お互いの母国語を教え合う、言語学習に特化しているSNSもあるそうで、手軽に友人を作ることができます。ただし、お互いに素人という状態ですので、どのようなレベルの人に会えるのかは運次第です。英語学習に細かく付き合ってもらいたいという場合には、英会話教室などを利用しましょう。誰かと実際に話す勇気がない、自信がないという場合には毎日「英語で日記を書く」「英語でひとりごとを言う」という方法も効果があるそうです。しかし英会話は実際に話すことで上達します。最終的には対人を目標としましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です