洋書を読んで英会話を学ぼう

英会話を学ぶ上で必要な英語学習。英語学習において、英語で書かれている洋書を読むことは効果的です。自分の知らなかった英語を知ることもできますし、何より英語そのものに慣れることができます。

多読もブームになっているそうで、「たくさんの洋書を読もう」と考える人も多いそうです。洋書の多読は、スピーキング能力の向上に効果があると言われています。さまざまな文章に触れることで、よく使われている表現を覚えることもできますし、英語の処理能力も上がるそうです。洋書と一概に言っても、雑誌から、専門書、小説など種類はさまざまあります。どの種類の本が優れているということはありません。大切なことは「自分のレベルに合ったものを選ぶ」「自分の興味のある種類を選ぶ」ということです。レベルに関しては、少し簡単と感じるものがちょうど良いとされています。本の中身をざっと確認した時に、単語の9割程度が理解できればレベルに合っていると言えるでしょう。自分のレベルよりも高すぎるものを選んでしまうとストレスになってしまいます。加えて、理解に時間が掛かってしまい「英語を素早く意味として理解する」するという能力が延びていきません。興味のある本を読むことは、モチベーションの維持につながります。多くの英語を読むことは、慣れていないうちは疲れやすいため、なるべく自分が楽しいと感じる工夫をしていきましょう。

本を読み進めながら、気に入った表現を書き出しておくことや、音読をしてみることが効果的です。読み方としては、いちいち辞書を引いて一度で終わらせるのではなく、繰り返し読んでいくことが良いでしょう。ただし、元々読書が好きではない、義務としてやっていると感じてしまう人は、無理をして行う必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です