英語の周波数と日本語の周波数

日本語で使われる主な周波数と英語で使われる周波数というのは違うそうです。英語の方が高い周波数を、日本語のほうが低い周波数で会話をしています。けれども一般的には低い声で話したほうが英語っぽいだとか言われたりしています。しかし実際には逆で、外国人にとっては普段よりちょっと高めの声で話すほうが少しわかりやすくなります。外国のスターが日本に来てあいさつするとき、声が高い!と思ったことはありませんか?あれは英語の高い周波数を用いる音域のまま日本をを話しているからなのです。日本人が英語を聞き取りにくい理由にこの周波数の違いというのが挙げられることがあります。
一方で、周波数の違いよりも大切な聞き取れない理由というのが存在します。1つは先ほどの項で説明した単語と単語をくっつけて発音が変化するものがあるからです。もう一つは母音の違いです。英語には日本語に存在しない音があります。LやRの違いや、Thの子音などが良く挙げられますが、実際には母音の違いのほうが大切です。日本語は「ん」以外すべての音に母音が付随していますが、英語には母音が続かない子音を多く用います。この違いは顕著です。英語で「strange」とつづるものでも、日本語では「sutorenji」と発音しますよね。こういった発音は外国人からするととても聞き覚えのない単語に変化してしまっていて結果理解できないものになってしまいます。日本人が外国人の日本語を理解できて、外国人が日本人の英語を理解できない理由はここにあります。実は外国人が日本語を話すとき、ちゃんと日本語のように母音を入れて話していることが多いです。なので外国人の日本語をなんとなく私たちは理解できるのですね。このように、リスニングには母音のあるなしというのが大きな影響を及ぼします。先ほど話した周波数の違いといった話より母音の発音や単語と単語のつながりを意識することで、より英語力をアップさせることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です